スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じゃあじゃあびりびり

赤ちゃんからお勧めの絵本です。

じゃあじゃあびりびり (まついのりこのあかちゃんのほん)じゃあじゃあびりびり (まついのりこのあかちゃんのほん)
(2001/08)
まつい のりこ

商品詳細を見る


おーすとらりあ こどもとしょかんでも取り扱っています。
『 じゃあじゃあびりびり 』 @おーすとらりあ こどもとしょかん  

あかまるちゃんが生後6ヶ月のころから読み聞かせていましたが、集中して絵をじーっと見、私の言葉に聞き入っていたのを思い出します。 もう少し大きくなると、 いつもにこにこ顔で読み聞かせを楽しむようになりました。

絵は色使いがはっきりしていて見やすく、文は 「じどうしゃ ぶーぶーぶー」 「いぬ わんわんわん」 というふうで、調子が良く読みやすい。 まさにシンプルイズベストという感じの絵本です。

ちょっぴり発音の難しそうな 「じゃーじゃーじゃー」や、「にゃんにゃんにゃん」 も何度も私のまねをして言おうとします。早く言えるようになったのは、この絵本のおかげかな?

一歳半を過ぎ、ストーリーのある絵本が楽しめるようになってきましたが、不思議と今でもこのシンプルな本を選んで私のところへ持ってくることが多いのです。
最後のページの 「おしまい またね」 を言うと、また最初のページを急いで開いて 「もいっかいっ!」・・・を繰り返します。
とてもお気に入りの絵本です。

『オノマトペ(ものの音や声などをまねた擬声語)』は、乳幼児が言語の習得する過程で、きわめて有効に機能するそうです。
それは、「いぬ」と教えるよりも「わんわん」と教えるほうがイメージしやすく、結果、言葉の世界がひろがり、想像力が養われるからです。

赤ちゃんにとって、絵本は大好きな人と一緒に遊べて、楽しくて為になる最高のおもちゃです。
是非、赤ちゃんとのコミュニケーションに、絵本を役立ててくださいね。
よねぴいでした♪
スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

わゴムはどのくらいのびるかしら?

わゴムをベッドに引っ掛けて、ぼうやと一緒に出かけましょう

わゴムはどのくらいのびるかしら?わゴムはどのくらいのびるかしら?
(2000/07)
マイク サーラー

商品詳細を見る



おーすとらりあ こどもとしょかんでも取り扱っています。
『 わゴムはどのくらいのびるかしら? 』 @おーすとらりあ こどもとしょかん

「あるひ、ぼうやは、わゴムがどのくらいのびるか、たしかめてみることにしました。」 
で始まるこの絵本・・・わゴム、伸びすぎです!!

ぱっくんからは、くっくっと笑い声が、そして、中盤からは大声で、「ありえへん!! 」 「どこまでいくねん!!」 の連続。

わゴムを引っ張る男の子の冒険は、いろんな乗り物を乗り継いで、壮大なドラマへと発展します。
「どこまでのびるんだぁ?」 「どうなってしまうんだぁ?」 と想像をふくらましてドキドキするのが楽しいですね。

小学校高学年になるぱっくんでもまだ十分楽しく読めましたが、輪ゴムはどのくらいひっぱれば切れるかというのが分かるくらいの、小さな子にぴったりの絵本だと思います。

どんどん想像して、「わゴムって本当にそんなに伸びるの?」 なんて思っちゃうかもしれません。
オチがわかるかな?


最後のページに注目してくださいね。ぼうやの部屋にちょっとした秘密が描かれています。
お子さんがその秘密に気がつくと、とても喜ぶと思いますよ。
よねぴいでした♪

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

ごぶごぶ ごぼごぼ

こんなに喜んでくれる絵本と出会うとママも嬉しくなります。

ごぶごぶ ごぼごぼ (0.1.2.えほん)ごぶごぶ ごぼごぼ (0.1.2.えほん)
(1999/04/15)
駒形 克己

商品詳細を見る


おーすとらりあ こどもとしょかんでも取り扱っています。
『 ごぶごぶ ごぼごぼ 』 @おーすとらりあ こどもとしょかん  

一ページ目の 「ぷ━━━ん」 から大喜びのあかまるちゃん。 最後のページ直前まで「あー!あー!!」と言いながら絵を触って喜びます。

最後のページは 「し━━━━ 」。 耳元でささやくように読んであげると目をきらきらさせて 私の顔を見上げます。
物言いたげな表情で、まるで 「不思議なものを見つけたからママも見てみて!」 と言っているようです。
何度読んであげても同じように反応するところを見ると、このページはよっぽど彼女のツボにはまっていたのでしょうね。

しばらくしてから、次は仕掛けを使って遊びながら読んでみました。
実はこの絵本、ページの所々に丸い穴が開いているんです。
そこに指をいれて読んでみると・・・・最初は、「なに???」 と警戒した様子で見ていましたが、そのうちに「えへへへへへーっ」 という笑い声が。
(くれよんしんちゃんの妹、ひまわり風!)

ページをめくる度に 「えへへへへへーっ」 とウケまくり、穴から出てきた私の指を握ったり、自分も穴に指を入れようとしたりで楽しんでいました。

8ヶ月の赤ちゃんでもかなり集中してくれるこの絵本。
声の出し方を変えると絵本の世界がまた違ったものに変化しますよ。
どうぞお試しあれ!
よねぴいでした♪

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

もりのへなそうる

4、5日かけて読み聞かせ。毎晩続きを読むのが楽しみなお話でした。

もりのへなそうる (福音館創作童話シリーズ)もりのへなそうる (福音館創作童話シリーズ)
(1971/12/01)
わたなべ しげお

商品詳細を見る

おーすとらりあ こどもとしょかんでも取り扱っています。
『 もりのへなそうる 』 @おーすとらりあ こどもとしょかん

「へなそうる」 ってなんだろうって思いますよね。
実はこれ、森の中に生活する怪獣、正体不明の生き物の名前なんです。

森の中を探検するっていうだけでも十分わくわくするというのに、この「へなそうる」 という生き物の登場でさらに子どもの気持ちを鷲づかみ状態にします。

へなそうるは、「ぼくは」 というところを、「ぼか」 って言うんです。このゆるゆるな感じがたまりません!
よねぴいの場合、へなそうるのセリフを言う時には、なぜか「裸の大将」になっていました。

この子は他にも言葉を言い間違えたり、勘違いしたり、物に勝手に名前をつけてしまうなどしますので、登場人物である二人の子どもたちも巻き込んでいっしょに勘違いが起こり、そこから名セリフが登場しますよ。

「正しく読まない」のが正しい・・・ここは読み手の腕の見せ所でしょうか?
よねぴいでした♪

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

馬のゴン太旅日記

原作は、「2600キロ 猛烈乗馬旅行記」。 実話が元になっていて映画化もされています。

馬のゴン太旅日記 (創作絵本シリーズ 9)馬のゴン太旅日記 (創作絵本シリーズ 9)
(1984/05/25)
関屋 敏隆

商品詳細を見る


■第7回絵本にっぽん賞受賞

おーすとらりあ こどもとしょかんでも取り扱っています。
『 馬のゴン太旅日記 』 @おーすとらりあ こどもとしょかん

道産子くんが主人公!北海道から九州までを一人の青年と旅するお話です。 最初は仲が良いとは思えない二人(?)の関係が、旅を通じて少しずつ変化していきます。
友情が生まれる様子がとてもほほえましい・・・

それにしても、「馬に乗って日本横断の旅」とは、何て夢があるのでしょう! 実際にこの二人を見かけた人たちは、彼らが日本を横断していると知ってびっくりしたでしょうね。

馬のゴン太くんがトンネルの中や橋の上でパニックを起こしたこともあったそうです。 そのほかにも泊まる所や怪我や病気など、道中いろいろ大変だったろうなと思いました。
2600キロ113日間の旅ですから、想像に難くありません。 

そんな苦労話の垣間見える内容ですが、そこはやはり絵本ですので、全体的にほのぼのとしたした雰囲気に包まれています。
日本の名勝地が版画で描かれているところは見応えありで、息子もその絵に興味深々。
かなり面白いです。
よねぴいでした♪

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

プロフィール

よねぴい

Author:よねぴい
オーストラリアのブリスベンにて、日本語絵本 貸出・宅配サービス「 おーすとらりあ こどもとしょかん 」の館長をしています。10歳年の差兄妹「 ぱっくんとあかまるちゃん 」の母です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。