スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かわいそうなぞう

私達は「戦争を知らない世代」の親です。そんな私たちが戦争の悲惨さを次の世代に伝えるというのは難しい事だと思いますが、この絵本が助けとなってくれることでしょう。

かわいそうなぞう (おはなしノンフィクション絵本)かわいそうなぞう (おはなしノンフィクション絵本)
(1970/08)
土家 由岐雄

商品詳細を見る


おーすとらりあ こどもとしょかんでも取り扱っています
『 かわいそうなぞう 』 @おーすとらりあ こどもとしょかん

実際にあった話です。
上野動物園で飼われていた動物たちは、政府の決定のもと次々と殺処分されていきます。
そして、動物園の職員さんたちが最後まで守ろうとした賢いぞうたち三頭も悲しい最期を遂げることとなります。

個人的には、この本は必読書だと思います。
おーすとらりあ こどもとしょかん では選定図書として扱われ、4-5歳を対象としたセットの中に組み込まれています。
お母さん、お父さんの中には「4才の子どもには難しすぎる、戦争の話はまだ早いから」という考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、よねぴいとしては是非読んであげてほしいと思っています。
たとえ子どもたちに戦争うんぬんが理解できなくても、「動物たちがかわいそう。ぞうがかわいそう。」 と感じるだけでも十分な意味があるのではないでしょうか。

「戦争ってなに?」 と聞かれれば、「日本とアメリカがむかしね・・・、今も世界中でね・・・。」 いうところから説明する必要もあるでしょう。
読み終えたあと、ぱっくんは何も言いませんでしたが、「なぜぞうまでもが殺されなければならなかったのか」と、彼なりに戦争のあった時代の不条理を感じていたようです。
(私は、読み聞かせの後はあえて子どもに感想は聞かず、読みっぱなしという方法をとっています。その理由はまたの機会にお話します。)

私自身、子どものころに読んで強く印象に残っている絵本です。その絵本を自分の子どもに読むことができるのは、ある意味幸せなことです。
読み聞かせの途中でどうしても涙を止められず、息子には読み聞かせ途中で「だいじょうぶ?」って心配されちゃいました。

おーすとらりあ こどもとしょかんで扱っていることに誇りを感じる絵本の一つです。
よねぴいでした♪
スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

プロフィール

よねぴい

Author:よねぴい
オーストラリアのブリスベンにて、日本語絵本 貸出・宅配サービス「 おーすとらりあ こどもとしょかん 」の館長をしています。10歳年の差兄妹「 ぱっくんとあかまるちゃん 」の母です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。