スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャベツくん

絵本紹介の一作品目は、軽いタッチの読み物から。


キャベツくん (ぽっぽライブラリ―みるみる絵本)キャベツくん (ぽっぽライブラリ―みるみる絵本)
(1980/09)
長 新太

商品詳細を見る


おーすとらりあ こどもとしょかんでも取り扱っています。
『 キャベツくん 』 @おーすとらりあ こどもとしょかん

■全国学校図書館協議会選定図書
■全国学校図書館協議会基本図書
■第4回日本の絵本賞「絵本にっぽん大賞」受賞


よねぴいはこの手のナンセンス絵本が好きなんです。
息子のぱっくんと共に完全にノックアウトされてしまいました。

だいたい、タイトルからして「これ、何よ??」って感じ、しませんか? 登場人物が「ブタヤマさん」に「キャベツくん」ですよ。作者の長新太さんは、ぶっとんだ感覚の持ち主です。

主人公キャベツくんは冒頭からいきなりピンチ。ブタヤマさんに出会い、食べられそうになってしまうところからストーリーは始まります。

「ぼくをたべるとこうなる!」と、言って奇抜な方法でナントカ食べられないように努力するんですが、このばかばかしさ加減が面白い。 そして、「繰り返しのストーリーが続くのかしら」と思うころに、また新たな展開が待っています。 倦怠感ただようラストまで手抜きなしの作品です。
あぁ、キャベツくんシリーズのほかの作品も読んでみたい!

この絵本を会員の方へお届けしたときの話ですが、4才男の子のお母さんがその場で読んで大笑いされていました。
その日の読み聞かせ一番手は、きっと「キャベツくん」だろうな、って思いました。

恥ずかしがらずに大げさに、「ブキャ!」って読んでみてくださいね。 ぱっくんにも大ウケでしたよ。
よねぴいでした♪

キャベツくんの絵本セット 全5巻
スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

プロフィール

よねぴい

Author:よねぴい
オーストラリアのブリスベンにて、日本語絵本 貸出・宅配サービス「 おーすとらりあ こどもとしょかん 」の館長をしています。10歳年の差兄妹「 ぱっくんとあかまるちゃん 」の母です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。